運輸安全マネジメント

2017(平成29)年度 運輸安全マネジメント結果の情報公開9項目について

1 輸送の安全に関する基本的な方針(安全方針)
①札樽自動車運輸株式会社の社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、
社員への周知徹底をおこない常に主導的な立場で輸送の安全を確保する為、積極的に取組んでいきます。
②札樽自動車運輸株式会社は、輸送の安全確保のために、計画・実行・評価(監査)・改善の見直しを絶えずおこない、
 従業員の意識レベルの向上に向け取組むとともに輸送の安全に関する情報については適切に公表します。

2017(平成29)年度 安全重点施策の結果について
①改正初任運転者への指導教育の法令遵守 (35時間指導)について、達成できた。
②内部監査(本社1回)・内部適合監査(事業所2回)の実施について、達成できた。
③本社を含む全店所における外部研修の実施について、達成できた。
④定期的な運転者教育及び指導者の育成について、達成できた。
⑤集配業務では余裕を持った運転の徹底について、達成できた。

2018(平成30)年度 安全重点施策の計画について
①交差点内は最徐行を厳守し、横断歩道を越えてからの加速
②構内事故撲滅に向けて「後退時降車確認」と「人・物・施設等に近づきすぎない」ことの徹底
③ドライブレコーダーの映像をヒヤリハットに活用して車輌事故のさらなる減少
④内部監査(本社1回)・内部適合監査(事業所2回)の継続実施
⑤本社を含む全店所における外部研修の継続実施
2 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
①2017(平成29)年度目標は50件で、実績は28件で到達率56%で終了。
②2018(平成30)年度目標は、2017(平成29)年度実績(28件)を下回る「25件」とする。
3 自動車事故報告規則(昭和26年運輸省令第104号)第2条に規定する事故に関する統計
該当する事故発生はありません。
4 安全管理規程
別途添付。
5 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置
①Gマーク更新2店所を含め、内部適合監査を全店で2回実施し自主的に問題改善に努めた。
②ドライブレコーダーの装着が、2018(平成30)年02月末現在にて100%(461台)を達成できた。
③ヒヤリハットの収集件数は359件、KYTは100%の収集をすることができた。
※上記事項は2018(平成30)年度も引き続き取り組むこととする。
6 輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制
①車輌事故・貨物事故・労災事故の第一報を基に社内への再発防止に向け横展開を図った。
②外部機関(警察署・北ト協・北済協)等からの事故防止に関する資料の全店へ配信。
社内組織図・指揮命令系統は別紙にて添付をしております。
※上記事項は2018(平成30)年度も引き続き取り組むこととする。
7 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況
①年1回の代表者・役員と従業員代表者との意見交換を計画に基づき実施。
②同じく代表者・役員と各所属長・管理職との意見交換を実施。
③計画に基づき、年2回の全店所への無事故指導を実施。
④計画に基づき、年1回の管理職研修を実施。
⑤計画に基づき、毎月店所での無事故推進委員会を実施。
⑥事故惹起者への社内・外部研修並びに特定診断を受診。
⑦新規採用運転者のドライビングスクールでの受講を推進。
※上記事項は2018(平成30)年度も引き続き取り組むこととする。
8 輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとした措置
①計画に基づき、代表者・安全統括管理者・安全企画部への内部監査を実施。
②計画に基づき、年2回の全店所へ内部監査を実施し、不具合等の検証と改善報告を完了。
※上記事項は2018(平成30)年度も引き続き取り組むこととする。
9 安全統括管理者に係る情報
安全管理者に変更なく報告事項はありません。

以上

gotop