会社沿革

札樽

当社は北海道における路線事業の草分けとして、昭和23年に創業し、
道内一円に路線のネットワークを網羅、更に北海道と本州を結ぶ一貫輸送を行い、
道内屈指の代表的総合物流企業としての地位を築き上げてきました。

1948 北海道自動車運輸(株)が分割し、小樽市稲穂町に誕生資本金673千円車両数公称74両

1951 札幌営業所設置

1952 小樽奥沢・港町営業所新設(小樽営業所より分離)

1954 業務を路線貨物に全面移行する

1958 小樽潮見台ターミナル新築

1959 釧路・北見・留萌・函館に営業所開設

1959 札幌苗穂ターミナル新設

1959 「汽車よりも早いトラック便」のキャッチフレーズを看板としている札樽自動車運輸が道内の運送業の顔として定着

1960 札幌営業所所轄、市内貸切サービスセンター設置(南、琴似、北、豊平)

1963 旭川・帯広・室蘭・苫小牧の各営業所を新設

1963 本社札幌事務所を札幌市北7条西2丁目に開設

1964 釧路営業所新築

1965 稚内営業所新築

1967 アルミバンボディー、フォークリフト、パレットを採用し、近代化検討開始

1968 倉庫業務を東札幌にて開始

1969 国際興業グループに参入

1970 第二札樽ビル、札幌中央支店ターミナル、本町共同住宅・独身寮竣工

1970 札幌団地タクシー(株)札樽グループに加入

1971 本社 札幌市北1条東15丁目に移転

1972 釧路ターミナル竣工

1973 北見ターミナル竣工

1974 旭川ターミナル竣工

1977 スワロー便開始

1981 スワロー宅配便開始

1982 コンピュータ導入

1989 岩見沢支店を新築

1991 滝川営業所を新築

1997 さっそん物流倉庫を開設

2002 札幌中央支店 新ターミナル施工

2004 5事業所にてGマーク取得

2012 全事業所にてGマーク取得

2014 IT点呼システム導入

2016 中標津営業所 移転

gotop